So-net無料ブログ作成

忘備録120708 [フクシマ]

国会事故調の英語版は、日本語版と内容が異なるとのこと。
重要なので、記事を転記。

------------------------------------(引用はじめ)------------------------------------
日経2012/7/9(http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0604M_W2A700C1000000/)より。

「原発事故は日本の文化が招いた危機」

(2012年7月6日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

 国会の命を受けて福島の原子力災害を調査した調査委員会の委員長は、事故は「日本文化に根差した慣習」によって生じた「日本製(メード・イン・ジャパン)」の危機だったと断じた。

■「ほかの日本人でも結果は同じだった」

 国会の東京電力福島原子力発電所事故調査委員会の黒川清委員長は、危機は東電と規制当局、政府による「多数の過失および故意の怠慢」の結果だったと述べた。

 黒川委員長は最終報告書の英語版の要約の中で、原発事故の原因は「我々の反射的な従順さ、権力者を疑問視したがらない態度、『計画を守り通す』ことへの情熱、集団主義、島国根性」にあったと述べた。

 「極めて辛いことだが、認めざるを得ないのは、これが『日本製』の災害だということだ」。黒川委員長はこう付け加えた。「ほかの日本人が今回の事故の責任を負う立場にいたとしても、結果が同じだった可能性は十分ある」


■東電の隠蔽や意思疎通のまずさを批判

 国会事故調は、福島第1原発の事故を検証する3つの大規模な調査の筆頭格だ。福島第1原発では、2011年3月11日に東北沿岸部を襲った地震と津波で安全装置が破壊された後、複数の原子炉のメルトダウン(炉心溶融)と水素爆発が起きた。3つの調査報告はすべて、東電と政治家、官僚を批判している。

 国会事故調は、危機の原因分析に幅広い視点を持ち込むことを目的としていた。委員会には、元外交官1人、弁護士2人、化学者1人、地震学者1人、科学ジャーナリスト1人が名を連ねた。

 報告書は事実上、福島第1が受けた可能性がある地震被害を隠蔽したと東電を批判している。公共テレビで国会の報告書について問われた東電の広瀬直己社長は、まだ報告書を読んでいないと語った。

 国会事故調は、原子力の安全性に責任を持つ官僚と東電の間の意思疎通のまずさのせいで、菅直人首相(当時)が彼らへの信頼を失い、自ら直接、危機管理を試みたと指摘している。

By Mure Dickie
------------------------------------(引用終わり)------------------------------------

核心をついた内容だと思う。英文の内容の検証も必要だ。
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 4

tak

すみません。原文を読んでから、コメントします。
by tak (2012-07-09 16:06) 

tak

(原文)
Message from the Chairman

THE EARTHQUAKE AND TSUNAMI of March 11, 2011 were natural disasters of a magnitude
that shocked the entire world. Although triggered by these cataclysmic events, the subsequent
accident at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant cannot be regarded as a natural
disaster. It was a profoundly manmade disaster – that could and should have been foreseen
and prevented. And its effects could have been mitigated by a more effective human response.
How could such an accident occur in Japan, a nation that takes such great pride in its global
reputation for excellence in engineering and technology? This Commission believes the
Japanese people – and the global community – deserve a full, honest and transparent answer
to this question.
Our report catalogues a multitude of errors and willful negligence that left the Fukushima
plant unprepared for the events of March 11. And it examines serious deficiencies in the
response to the accident by TEPCO, regulators and the government.
For all the extensive detail it provides, what this report cannot fully convey – especially to
a global audience – is the mindset that supported the negligence behind this disaster.
What must be admitted – very painfully – is that this was a disaster “Made in Japan.”
Its fundamental causes are to be found in the ingrained conventions of Japanese culture:
our reflexive obedience; our reluctance to question authority; our devotion to ‘sticking with
the program’; our groupism; and our insularity.
Had other Japanese been in the shoes of those who bear responsibility for this accident,
the result may well have been the same.
Following the 1970s “oil shocks,” Japan accelerated the development of nuclear power in
an effort to achieve national energy security. As such, it was embraced as a policy goal by
government and business alike, and pursued with the same single-minded determination
that drove Japan’s postwar economic miracle.
With such a powerful mandate, nuclear power became an unstoppable force, immune to
scrutiny by civil society. Its regulation was entrusted to the same government bureaucracy
responsible for its promotion. At a time when Japan’s self-confidence was soaring, a tightly
knit elite with enormous financial resources had diminishing regard for anything ‘not
invented here.’
This conceit was reinforced by the collective mindset of Japanese bureaucracy, by which
the first duty of any individual bureaucrat is to defend the interests of his organization.
Carried to an extreme, this led bureaucrats to put organizational interests ahead of their
paramount duty to protect public safety.
Only by grasping this mindset can one understand how Japan’s nuclear industry managed
to avoid absorbing the critical lessons learned from Three Mile Island and Chernobyl; and how
it became accepted practice to resist regulatory pressure and cover up small-scale accidents.
It was this mindset that led to the disaster at the Fukushima Daiichi Nuclear Plant.
This report singles out numerous individuals and organizations for harsh criticism, but the
goal is not—and should not be—to lay blame. The goal must be to learn from this disaster,
and reflect deeply on its fundamental causes, in order to ensure that it is never repeated.
Many of the lessons relate to policies and procedures, but the most important is one upon
which each and every Japanese citizen should reflect very deeply.
The consequences of negligence at Fukushima stand out as catastrophic, but the mindset
that supported it can be found across Japan. In recognizing that fact, each of us should reflect
on our responsibility as individuals in a democratic society.
As the first investigative commission to be empowered by the legislature and independent of
the bureaucracy, we hope this initiative can contribute to the development of Japan’s civil society.
Above all, we have endeavored to produce a report that meets the highest standard of
transparency. The people of Fukushima, the people of Japan and the global community
deserve nothing less.

Kiyoshi
by tak (2012-07-09 16:26) 

tak

ささっと、読んでみました。で、問題の部分ですが、

「非常に遺憾ながら認めなければいけないのは、
今回の事故が、“日本で作られた”災害だった
ということです。その根本的要因は、日本文化に
深くしみ込んだ慣行に見出すことできます。
私たちの反射的な服従、不本意ながらも権威に
対して疑問を出さないこと、プログラムされたこと
(定型業務?)に対するこだわり、集団主義、偏狭さ。
もし、他の日本人がこの事故に対して責任を負う
人々のなかにいたとしても、結果は多分、同じだった
でしょう。」 (訳:tak)

たしかに言ってます。
けど、全体を通して読むと、日本および日本人に
対して、そんなに否定的ではなく、むしろ前向きな
感じがします。
英フィナンシャル・タイムズ紙の記事は、なんだか
日本を意図的に貶めるため、上の部分を強調して
書いている感じがしますね。

by tak (2012-07-09 17:19) 

micyu

転載と翻訳、ありがとうございおました。
海外の見方が厳しくなるのは、必然だと思います。チェルノブイリの事故の被害を受けた国々は、被害者ですから。フクシマに対する見方も厳しいです。

私は、尊敬できる君主がいて、下々までの管理が納得できれば、その下々で暮らしていくのはOKです。(映画の世界かな)
これは日本人の文化に染み付いた感覚だと、最近、考えるようになりました。
そのような国家体制であれば、今のようにフクシマは、打ち捨てられてはいないでしょう。(希望)

私の東北の田舎からも、強い不満が伝わってきます。
by micyu (2012-07-17 11:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。