So-net無料ブログ作成
検索選択

幌延深地層研究センター 調査坑道公開 [フクシマ]

日本の最終処分場の計画が進んでいるようだ。

(以下、引用 朝日新聞 2012年06月12日)
■地下350メートル 調査坑道公開
 原子力発電所で出る高レベルの放射性廃棄物の地下埋設処分を研究する独立行政法人日本原子力研究開発機構の幌延深地層研究センター(幌延町)の掘削が深さ350メートルに達し、11日、報道陣に公開された。高レベルの廃棄物は法律で300メートル以上の深さに最終処分すると定められており、来年度末から法に適合したこの深さでの実証実験を始める予定だ。
 同センターによると、先月26日に、地下350メートルのたて坑2カ所を結ぶ調査坑道(高さ3・6メートル、幅4メートル)が貫通。来年度までかけて全長760メートルの横坑を掘る計画だ。
 同機構は道と幌延町との協定で、実際の放射性廃棄物を持ち込んだり、使ったりしないと約束しており、実証実験は90度ほどに発熱する模擬物質を使って実施。緩衝材の膨張具合や、埋め戻して壁に使う物質の変化などを調べ、廃棄物を埋めた際に地中でより安定するための方法などを探る。

(引用終わり)

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 2

tak

きたか…!!

  ( ゚д゚ ) ガタッ
  .r   ヾ
__|_| / ̄ ̄ ̄/_
    \/    /

というAAがありますが、
まさしく、こんな感じですね。

幌延深地層研究センターの場所をぐぐって
みましたが、私は近くを通ったことがあります。
他の多くのバイク乗りと同様、幌延駅の近くから、
北海道道106号線に向かいましたたから、
前は通りませんでしたけど。

こんど、いっしょに砂金を採りにいきましょうよ。

by tak (2012-06-12 21:06) 

micyu

takさん
確かにこの近くで砂金が出ますが、砂金よりもプラチナのほうが高いかも・・・
ただし、幌延は少し外れているので、出ないと思います。

いよいよ世界の核廃棄物処理特別区「日本」になるのでしょうか。
付加価値のある製品の工業立国の後が、廃棄物処理業なのか・・・なんとも複雑ですね。
by micyu (2012-06-12 22:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。