So-net無料ブログ作成
検索選択

黒川さん [フクシマ]

国会事故調査委員会(国会事故調)の中継と記録映像がUSTREAMに配信されている。
私は興味があるので、そのほとんどを見ている。
(USTREAMで”国会事故調”と検索するとすべて見ることができる)

この黒川清という委員長は、京大の総長を経験したお医者様と聞いているが、
見識の広い、尊敬できる人のように思う。
特に、参考人聴取のあとの記者会見では、ほんの少し、個人的な意見が聞かれ、
(これは質問している記者も聞きたがっているのだが)、なかなか示唆に富んでいる。

このBLOGでフクシマの惨事を書き始めた頃には、現場から遠方の人ほどやや奇異な目でご覧になる傾向が強かったが、今、そういう感想を持つ人は殆どいない。事態は極めて深刻だ。

黒川さんの言葉の中で「この国がメルトダウンしている」という話が最も印象的だ。
戦後55年体制で、アメリカの意向をいかに忠実に反映していくかに汗を流した自民党が、野党に転じ、緊密な関係にほころびが見え始めると、至る所に虫食いの跡があることがわかってくる。今や虫食いの穴を、懸命に塞ごうとして”かぎ裂き”になってしまったところも多数。
官僚の裁縫能力では、雑巾も縫えない。

前も書いたが、この国を論じることが出来る人は政治家にはならない。
なぜなら、米国の機嫌を取りながら、国を米国の飛び地の州として機能させねばならない窮屈さは、息苦しい。それならば、経済の分野で自由に振舞おうと考える。実際は、公私共に「がんじがらめ」になるのだが、ご機嫌とりの番犬よりマシであろうと腹をくくり人も多数いたであろう。

原子力ムラとして揶揄される団体(?)は、この番犬の集まり、いわば合法的な●力団のようなものだ。私達が最後まで抵抗すると、ぬっとアメリカの用心棒が出てくる仕掛け。彼らは公では刃物を振り回さない。しかし生活の至る所で真綿のように首を絞めてくるすべを心得ている。どれほどの人が葬り去られたか・・・

そう考えると、黒川さんの立場は極めて微妙に感じられる。私の中では、希望の星の1つなのだが・・・

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 2

tak

>「この国がメルトダウンしている」

→そうなのかもしれません。
けれど、55年体制のほころびという
ことだけでは、私は説明がつかない
と思います。

国会事故調の参考人聴取ですが、
前官房長官は、
「炉心も溶けているし、漏れているのは
あまりにも大前提で、改めて申し上げる
機会がなかった」
と言ってのけましたが、それを聞いたとき、
私は思わず、5センチほど、のけぞって
しまいました。

モラル感の欠如が著しいと感じますが、
それこそが国家がメルトダウンしている
原因ではないのか、と思われます。

by tak (2012-06-12 00:27) 

micyu

takさん

こんにちは。

>モラル感の欠如が著しい・・・

まさにそのとおりですが、恥ずかしくもなくそう言ってのける参考人が続出です。みんなモラルが欠如しているのでしょうか。あの様子をご家族がご覧になったら、奥様は近くのスーパーにもいけなくなるのではないでしょうか。

私は、そう言わなければ自分の身が危ういと、周りの人に説得しているような気がします。ただ単に弾き飛ばされるだけでなく、大阪湾に浮かんだり(←これはない・・・)

横須賀の核燃料の施設があるのをごぞんじでしょうか。私の散歩コースでした。久里浜の住宅地のど真ん中にしばしば放射能漏れを起こす施設が隣接していることを考えれば、今更大飯原発でなんで騒ぐの?という感じもします。
(横須賀の米軍の原子力空母に、燃料供給しているという噂もあります)

アメリカにとって、日本は極東の燃料基地、いざというときにここを戦略拠点にして利用し、劣勢になったら打ち捨てる程度しか考えていないのではないでしょうか。でも原子力となると違います。簡単に放棄する事もできず、破壊することもできず、ギリギリまでケアが必要です。

ですから、原子力は日本の安全保障に極めて重要なポイントであり、唯一のアメリカとの絆になっているのではないでしょうか。

大義名分があるから、前官房長官も原子力ムラも平気で嘘がつける。モラルもへったくりもない。日本の存続あってのものだねだ、とはらをくくっているのではないでしょうか。
ただ一点、東電の前社長は、このような覚悟が微塵も感じられない太鼓持ち、残念な人です。
by micyu (2012-06-12 11:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。