So-net無料ブログ作成
検索選択

気になること [フクシマ]

内容をまとめられないが、ツイッターを始めとして、多くの気になる情報を耳にする。

1,フクシマは津波の前に放射性物質が観測されていた。

この話は、昨年の5月から、一部で報じられていたが、神戸大学大学院海事科学研究科教授の山内先生によれば、国内ではあまり流布していないが、海外ではほぼ定説となっている。
原発は地震ではなく津波で壊れた、と東電は強調しているが、そのことはいずれわかること。問題は、被災初期に、放射性の希ガス(キセノンなど)が出たということ。これに対する対応は、おそらく誰も考慮しなかったことだ。
希ガスを呼吸と共に体内に取り込めば、内部被曝をするが、その濃度や汚染地域が全くわかっていない。

2,京都もわずかだが汚染されている。

群馬大学の早川教授によれば、京都の雨樋の付近の放射線量が、わずかだが高いとのこと。注意してみなければならない、というか、さもありなんと思う。問題は、時間と共にホットスポットができることがわかっているので、高い放射線量の場所が今後できるのかどうかだ。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 2

tak

> 1,フクシマは津波の前に放射性物質が観測されていた。

→これは、私も聞いたことがあります。
いまとなっては、確認のしようがないですが、
もし、本当ならば、震度5の地震で、原発は
壊れるもんだ、ということになり、大変なことに
なりますね。

> 2,京都もわずかだが汚染されている。

→ま、東京にくらべれば、キラクなもんですよ。
東京湾なんか、セシウム汚染で大変ですから。
東京湾の水は、90%以上、入れ替わりませんから、
むこう30年は、ダメですね。

「このアナゴ、セシウムが効いて、うまいねー。」
というのが、粋な江戸っ子の寿司の食べ方
になりそうです。

by tak (2012-05-30 11:22) 

micyu

takさん
確か、空気中のイオン濃度を測っているところが、研究結果を発表して、話題になったようです。(地磁気の観測所かな?)
東電は、「よくわからない」としょっちゅう言うのに、原発の事故は津波であると断言していますよね…

京都まで汚染が及んでいると言うことは、汚染の広がりは果てしないということです。それなのに、結構無関心な人が多い異今日この頃…
by micyu (2012-05-30 15:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。