So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

東電が原発事故総括「防げた事故だった」 [フクシマ]

こんな記事が公表されている。

東電が原発事故総括「防げた事故だった」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130329/k10013537881000.html

(以下引用)

おととし3月の原発事故について、東京電力は、事前の備えが十分であれば「防げた事故だった」と原因を総括したうえで、安全を最優先にする組織や、緊急対応の強化などを盛り込んだ改革プランを公表しました。
東京電力は、改革によって将来的な原発の運転再開につなげたい考えですが、事故を起こした当事者として理解を得られるかは不透明で、廣瀬社長は「改革が実行できなければ、原発を動かす資格はないと考えている」と話しました。

改革プランは、東京電力の社内事故調の最終報告が自己弁護に終始しているなどと批判を浴びたことから、社内の特別チームで検討していたもので、29日の改革監視委員会で了承され、公表されました。
それによりますと、まず今回の事故について総括し、「巨大な津波を予想することが困難だったという理由で、原因を天災として片づけてはならない」として、「事前の備えが十分であれば防げた事故だった」と結論づけました。
そのうえで、事故で明らかになった問題を具体的に改善する、6つの対策を盛り込んだ改革プランを示しています。
この中では、経済性を最優先するあまり、原発という特別なリスクを扱う会社でありながら経営層のリスク管理に甘さがあったとして、経営とは独立した形で安全の取り組みを継続的に監視する内部組織を設けるとしています。
また、情報の共有がうまくいかないなど、事故対応が混乱した反省に立って、1人の責任者が管理する人数を最大7人以下に制限するなど、緊急時の指揮命令系統を明確にするとしています。
このほか、原発のリスクを公表することに消極的だったとして、「リスクコミュニケーター」という新たな専門の担当を設け、経営側や原子力部門のリーダーに社会の目線で提言を行うとしています。
東京電力は、こうした改革の実行によって、将来的に、新潟県にある柏崎刈羽原発の運転再開につなげたい考えです。
しかし、事故を起こした当事者として社会の理解を得られるかは不透明で、記者会見した廣瀬社長は「改革が実行できなければ、原発を動かす資格はないと考えている」と話しました。

(以下引用終わり)

ひどい話だ。事故が起こってから2年、東電はなんと言っていたのか。津波は想定外と言っていたのではないか。なんで意見を翻す?

こんな会社が信用できるか、と怒る人もたくさんおられると思うが、昔から東電を知っている人は、「さもありなん」、芯まで腐っているから、どんな虫が出てこようと驚かない。やはり責任者は、九条の河原でさらし首がふさわしい。

大前研一氏の反論(日経新聞より) [フクシマ]

結構長いが、こういう意見もあるのだと忘れないようにしたい。

日経新聞 2012年07月23日(http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20120723/316908/?top_jihyo
---------------------以下引用---------------------
「国会事故調の報告書は「原発の安全」に何の役にも立たない」

 東京電力福島第一原発事故について国会事故調査委員会(国会事故調)が最終報告書を出したが、これがひどいシロモノである。原子炉分析などの事実に基づかず、政府や東電をはじめとする関係者への聞き取り調査を中心に三面記事的に仕上げた内容だ。いわば風聞や偏見で書き上げた報告書とも言えるもので、原発の安全性確保にとっては邪魔なだけである。

■「人災」のとらえ方がまったく違う
 福島第一原発事故を検証する国会事故調は7月5日、最終報告書を決定し、衆参両院議長に提出した。報告書は、東電や規制当局が津波対策を先送りしたことについて「事故の根源的原因」と指摘し、自然災害ではなく「人災」と断定した。

 この報告書の内容については、下に示す「国会の原発事故調による調査結果概要」を見ていただきたい。

Image7.jpg

続きを読む


意見聴取会は確かに茶番だが… [フクシマ]

日本の電力に占める原子力発電の比率について国民から意見を聞く「意見聴取会」が各地で行われている。
公募で選ばれた中から、9人の発言者のみが、発言することができるという茶番劇なのだが(なんで電力会社の社員が複数入るのかは、謎だが…)、私にとっては、舞台裏まで見えてしまった三文芝居に見える。

いいや、奈落まで口を開けてこの芝居を飲み込もうとしているので、茶番を通り越してスリラーに見える。出席者の皆さん、踏み外して奈落に落ちないように、せいぜいご注意あれ。(尤も舞台には、奈落から蘇ったゾンビが、アチラコチラにお見受けされるので、一環の終わりではないさそうだが)

私が原発を容認しているように誤解されている方がおられるので、自分の立ち位置をきちんと述べる。

1,もうふるさとを取り戻せないフクシマを見れば、原発には反対である。新たに稼働させることにも反対である。日本は、自然エネルギーや新エネルギー(メタンハイドレードなど)に注力すべきである。

2,最も頭に痛い問題は、既存の54基の廃炉が、どのように行えるか、誰もシナリオを持っていない点である。廃炉費用さえ正確には試算できない。その最も不透明な項目は、最終処分である。日本国内に最終処分場は、地質学的に設置できない。

3,核兵器としての原発というきな臭い話がしばしば出ているが、原発ではなく核兵器として国民的議論をおこなうべきである。しかし、今の政治状況を見ていると、フェアな状況で議論できる環境がない(将来的にもないと思う)のが残念。しかし方策を見出していかねばならないだろう。

4,経済状況を考えれば原発は廃止できない、という議論があるが、一般市民の中で自分の財布の中身と国の経済の議論をきちんと整理できている人間が何人いるだろうか。酒を飲んだ席で日本経済を語るのはそれなりに時間つぶしであるが、このようなシビアな状況の中で、その延長線で話されては迷惑である。もしそれでも、日本経済のために原発が必要だというのならば、私は一種の恫喝と捉えることにしている。

もし経済が、フクシマを元の姿に還せるならば、耳を傾けても良い。
フクシマを返してほしい。

忘備録120708 [フクシマ]

国会事故調の英語版は、日本語版と内容が異なるとのこと。
重要なので、記事を転記。

------------------------------------(引用はじめ)------------------------------------
日経2012/7/9(http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0604M_W2A700C1000000/)より。

「原発事故は日本の文化が招いた危機」

(2012年7月6日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

 国会の命を受けて福島の原子力災害を調査した調査委員会の委員長は、事故は「日本文化に根差した慣習」によって生じた「日本製(メード・イン・ジャパン)」の危機だったと断じた。

■「ほかの日本人でも結果は同じだった」

 国会の東京電力福島原子力発電所事故調査委員会の黒川清委員長は、危機は東電と規制当局、政府による「多数の過失および故意の怠慢」の結果だったと述べた。

 黒川委員長は最終報告書の英語版の要約の中で、原発事故の原因は「我々の反射的な従順さ、権力者を疑問視したがらない態度、『計画を守り通す』ことへの情熱、集団主義、島国根性」にあったと述べた。

 「極めて辛いことだが、認めざるを得ないのは、これが『日本製』の災害だということだ」。黒川委員長はこう付け加えた。「ほかの日本人が今回の事故の責任を負う立場にいたとしても、結果が同じだった可能性は十分ある」


■東電の隠蔽や意思疎通のまずさを批判

 国会事故調は、福島第1原発の事故を検証する3つの大規模な調査の筆頭格だ。福島第1原発では、2011年3月11日に東北沿岸部を襲った地震と津波で安全装置が破壊された後、複数の原子炉のメルトダウン(炉心溶融)と水素爆発が起きた。3つの調査報告はすべて、東電と政治家、官僚を批判している。

 国会事故調は、危機の原因分析に幅広い視点を持ち込むことを目的としていた。委員会には、元外交官1人、弁護士2人、化学者1人、地震学者1人、科学ジャーナリスト1人が名を連ねた。

 報告書は事実上、福島第1が受けた可能性がある地震被害を隠蔽したと東電を批判している。公共テレビで国会の報告書について問われた東電の広瀬直己社長は、まだ報告書を読んでいないと語った。

 国会事故調は、原子力の安全性に責任を持つ官僚と東電の間の意思疎通のまずさのせいで、菅直人首相(当時)が彼らへの信頼を失い、自ら直接、危機管理を試みたと指摘している。

By Mure Dickie
------------------------------------(引用終わり)------------------------------------

核心をついた内容だと思う。英文の内容の検証も必要だ。

国会事故調の報告書 [フクシマ]

国会事故調査委員会の調査報告書が提出された。

昨日からツイッターでは、多くの方がその内容を速報していたが、
私は、極めて満足行く内容だと感じました。
委員の皆様、お疲れ様でした。

憲政史上初の民間の第3者調査委員会が、このように有益な調査と報告を
されることを誇りに思い、やはり日本も捨てたものではないか、と感じました。

詳しい内容は、USTREAMの記者会見(”国会事故調”で検索すれば見つかります)を
拝見したばかりですが、報告書の内容も順次読ませていただきたいと思います。

そして厚かましいお願いがあります。
次のミッションとして、「原子力災害報道」について、ぜひ検証をお願いできないでしょうか。
私は個人的には、読売新聞社主の渡辺氏の参考人質疑を、公開でおこなって欲しいです。
それと、NHK、電通(メディアバイイングの元凶)の責任者もお願いします。

危機管理の際に機能しない現在のマスコミの調査、分析をしていただき、
必要に応じて、改変、解体を推進して、きちんとしたウオッチドッグとして、訓練して欲しいと思います。
(※訓練は無理だな…)

F1の4号機が心配 [フクシマ]

つい5日前、F1の4号機の建屋で、前の月と比較して傾きの増加が発見された。

福島第一原発4号機 壁に傾き」(NHK:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120626/k10013104301000.html

(一部省略)福島第一原発4号機では、先月、原子炉建屋の西側で水素爆発の爆風でできたとみられる膨らみによる傾きが確認され、傾きは、壁の高さ13メートルに対し3.3センチで、建築基準法の制限値の半分ほどでした。
(以降省略)

建築基準法…壊れた建物に建築基準法ってなに?
壊れかけている(すでに壊れた)建物と、建築基準法にどんな関係があるのか、ぜひ識者に聞いてみたい。崩れかけている時系列のデータが、一定の大きさで増加していれば、たとえ1ミリでも重要だ。10日経てば1センチになる可能性があり、そのまま急激に変異が進行すれば、建物は倒れる。

しかし心配なのは今の冷却水ポンプの故障だ。

「4号機プールで冷却装置停止=ポンプ2台に異常か、福島第1―東電」(Yahooニュースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120630-00000150-jij-soci

東京電力は30日、福島第1原発4号機の使用済み燃料プールの水を冷却する装置で異常があったことを示す警報が鳴り、自動停止したと発表した。(以下略)

現在(7月2日)まだ復旧していない。実はこの停止の前に、建物の外壁かあるいは柱などの解体工事が深夜行われいた。その工事の最中にフクイチカメラには、もうもうと塵芥を撒き散らす工事風景が映しだされていた。

何の工事なのか、冷却水システムの停止と、どう関係があるかわからないが、ただ単にポンプが故障したのでは無さそう、というツイッターの書き込みが多い。本当かどうかは確かめられないが、ずさんな工事が冷却水システムにダメージを与えたという話もある。

いづれにしろ100度になるのは7月5日夕刻と言われ、数日間は監視が必要である。
(ちなみに、マスコミには、ほとんど情報が上がってこない。それを信じていては手遅れになる)

大飯原発の過酷事故で起きること [フクシマ]

私は、火山の噴火も大きな地震も、そして一端ではあるがF2の地盤調査にも参加してきた。阪神・淡路大震災も何度となく現場に足を運んだ。
どのような災害が原子力発電所を襲う可能性があるのか、うすうすは想像していた。

でも、F1の事故は起こってしまい、その結果は、想像すらはるかに超える災禍となってしまった。
今でも収束せず、私が一生を終えても、まだ収まっていないはずだ。

そのような経験をしている中で、政治は大飯原発の再稼働を決めた。

-------------------------
「2011年3月15 日9時~3月16 日9時の SPEEDI によるフクイチ汚染シミュレーションを大飯原発に重ねてみた。」(http://iohome.web.fc2.com/osenmap/
というBLOGが目に止まり、詳しく読んでみると、やはり想像を絶する災禍が繰り返されつつある印象が強い。

Image1.jpg
注)記事の中から引用

文部省はSPEEDIシミュレーションを一部しか公表していない。私達が愚かなので、それを見て動揺してはいけないという配慮だそうだが、実際に起ったとしたら、やはりフクシマのように、放置されることになることを暗示している。その中で、環境総合研究所が、独自にシミュレーションを公表している。
大飯原発が過酷事故を起こしたら、私の住んでいる京都を始め大阪、和歌山などが全て被災する可能性が高い。おそらく、風の影響で、その範囲は数倍に膨れあがるであろう。

(追記)群馬大の早川さんによれば、放射能プルームは、霧のようにおおよそ高さ100m程で地表を舐めるように、風にのって移動する。もしこのようなシミュレーション図が公表されたなら、誰も南に逃げようと考える人はいまい。まずは東西方面、京都なら琵琶湖か兵庫に向かうだろう。しかし刻々と風向きは変わるので、ある程度の距離に離れたら、屋内退避が最も有効だと思う。ちなみに、雨がふらなければ、動かずに閉めきった部屋の中でやり過ごすことも考えられるが、長期間じっとしていることはなかなか難しい。要は放射能の飛散状況の情報と天気予報が決め手となる。線量計を用意するのは当たり前に必要だと思う.(追記終)

市民はそんな馬鹿ではない。それとも馬鹿と思わないと行政は運営できないのでであろうか。そのような行政なら、僕はいらない。

官邸前に1万人以上の人が抗議のために集まった [フクシマ]

大飯原発の再稼働に反対して、官邸前に1万人以上の人が抗議のために集まったとのツイートが駆け巡っていますが、マスコミはシカト。

マスコミではなくて”マジゴミ

もうおわっています、この国は・・・

人事(ひとごと)というより、物語の世界なのか? [フクシマ]

ツイッターの書き込みに、こんなものがあった。

------------------------------------
通り魔被害に遭った女性が「救急車が来るまでの間血を流している私を大勢の人が囲んで撮影してた。私が苦しんでるのに何が面白いの?犯人よりもその人達の異常さに腹が立った」・・・
------------------------------------

火事を遠巻きにした人が、燃え盛る炎を見守るというのは、よく分かる。しかし、延焼してきたら、なんとかしようとするであろう。身が危険だから・・・。家族が巻き込まれようとしていたら、助けもするし、近所に危険を知らせるのはふつうのコトだと思っていた。

でも、そうでもないようだ。ゾッとする。

私は、日本の北の地で、都会育ちのもやし精神を叩き直されたクチである。一番生意気な口を大人しくするのは、人っ子ひとりいない原生林に置き去りにして、1人で過ごさせること。それが仕事で、半年もすれば、どのような心づもりで、現場に入らなければならないか、身にしみる。大げさに言えば生き残ることを実感する。

今の人達は、自分の命も含めて、リセットできる単なる「事象」として、生き死にを捉えているのだろうか。だとしたら理解できないし、少なくとも一緒には行動したくない。自分の身が危うくなる。
私は、間違っているのだろうか。

少なくともフクシマはリセットできないのだが・・・
今の政府は、どうやらリセットできると信じているフシがある。私には野田首相の顔が折り紙のように見え、口パクに合わせ誰かが吹き替えをしているようにさえ思える。誰なんだ、しゃべっているのは・・・

廃炉ロボコン [フクシマ]

廃炉に向けた作業ロボットコンテスト、「廃炉ロボコン」を提案したい。

フクシマの作業員の方々は高線量のところでは、15分で3msvもの、猛烈な放射線と向き合っている。
2週間もすれば、累積20msvを超えてしまい、現場から離脱しなければならないそうだ。

私もそうだが、50歳以上の健康な世代の国民は、20msvまでの被曝を覚悟して、現場で作業をしてほしい、と政府が呼びかけるのも、そんなに先ではない。参加希望が多いとは思えないので、そのうち義務化されるかもしれない。

それでも人の近づけない場所が多数あるときく。燃料がどこにあるか、どのような状態になっているかさえわからないのだから、時間が経てば環境が改善するとは考えにくい。どうするのか。

ロボット先進国の日本としては、早急に作業ロボットを開発して、現場に投入すべきではないか。しかし、頭の硬い重厚長大産業の技術者に任せるより、柔軟な発想の若者に投資すべきだ。
ロボットコンテストで、高い放射線にも耐える奇抜なロボットを募ったら良い。やがて50基に及ぶ廃炉にも有効な手段だ。
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。